受講者のコメント(パート5)

プライベートレッスン受講者 40歳代 女性

2018 東京マラソン フル

________________

椎野先生

いつも大変お世話になっております。

 

昨シーズンのマラソンが終了してから、次のシーズンに向けての10km、ハーフ、フルマラソン各々の目標設定を行い、先生の指導の下、夏の練習を行い、そして迎えた秋。

まさかまさかの病気に罹患し、治療のために、秋は全く走れず・・・11月にやっと走り始めたときには、びっくりするくらい走れなくなっている自分に呆然としておりました。

 

先生は、想定内という感じで(本当はきっと『あちゃ~』って感じだったのかもしれませんが・・・)、

『当初定めた目標設定を見直しましょう』と、新たな練習計画で、私の体調をみながらのレッスンをして頂きました。

体調だけでなく、多忙を理由に、なかなか練習のできない私は、先生とのレッスンと、先生からの宿題のみをなんとか行い、練習日誌を提出するという冬を過ごしました。

12月の時点では、まだ20kmも思うように走れず、1月に入っても、ロング走でスピードも上がらず、それでも先生は、考えてくださった練習をコツコツと積み上げていく作業を一緒にしてくださいました。

 

ピーキングを東京マラソンに合わせて頂き、上出来なコンディションの時、最悪なコンディションの時の各々の目標タイムを設定し、東京マラソンのレース戦略をご教示頂き、そして迎えた東京マラソン。

 

常日頃の先生からの『失速する練習はしないこと!』の言葉を噛みしめながら、走ることに。

5km×8本と考え、5km毎のタイムを確認し、『失速してはいけない』の想いで走りました。

37km過ぎた頃より、心も脚も折れそうでしたが、それでも、『失速してはいけない』とつぶやき、最後の2kmは気合と根性で乗り切り、当初の目標タイムより好結果で完走することになりました。

 

私自身が自分の結果に対して、とてつもなくビックリしております。

これも先生の御指導があればこそと、感謝しかございません。本当にありがとうございます。

 

まだまだ病気の治療は続きますが、走ることができることに感謝しながら、来シーズンの目標設定をし、先生の御指導の下、コツコツ練習させて頂けたらと思います。

今後とも御指導・御鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。先生、本当に本当にありがとうございました。

▲ページの先頭へ戻る